一生HelloWorld

~無骨で狡猾な豚骨~

らーめんの味が分からない

東京には至るところにらーめん屋が立ち並ぶ。親の顔より見たかも知れない。

東京だけでなく地方でもだ。フランスの美の結晶であるルーブル美術館の前でも振る舞われている。日本だけでなく、世界中でもラーメンは食されている世界的食文化である。らーめんがこれほど普及しているのは、それ相応の需要の裏付けに他ならない。

つまりらーめんは世界中の人々に愛され、好まれ、求められ続けている。

 

 

しかし僕にはらーめんの良し悪しが分からない。

井戸端で近隣のらーめん店を格付けする会話に僕はついていけない。なぜなら、らーめんの良し悪しが分からないから。口を開けばすべてが薄っぺらく知ったかぶりをした発言になってしまう。二郎系、家系、大勝軒系。どれも横一列に思えてしまうなんともつまらない感覚を持っている。我ながらなんと哀れだろと思う。

 

らーめんの美味しさは青天井ではない。

どれも同じだけ美味しく、同じだけ美味しくない。らーめんの美味しさに限界を感じ、『らーめん』という檻の中で競い合う味に上限と下限を感じてしまっている。その檻の中で美味しさを競わせることに限りない抵抗さえ感じてしまっている。らーめん自体が特別美味しいとは思えないし、らーめんを好んで食べたいとも思えない。

『どこそこのらーめんは豚骨なのに嫌な臭みがなく、対して綺麗すぎず正面から応えるらーめんだ』『ゴマベースのスープに自家製の縮れ麺がよく絡み、辛子ネギの食感がバランスを支えている』

こんな本心から絞られた感想を評価する会話、僕にだってしたいと思える時があるのだ。

 

らーめんの味が分からない僕がいつもどうしているのか。

そうした周り話しを聞いて覚えてオウムの様にペラペラと喋るのだ。別にらーめんハラスメントだなどと叫ぶつもりもない。らーめんは人と人を繋ぐことだってある素晴らしい文化だし尊重もする。でも、らーめんが支配する局所的な食文化の世界では、そうやって周囲と協調して生き延びるしかないのだ。それはこれからも変わらず、そうやってて生きながらえ続けるだろう。きっと今後も。

 

 

Youtuberとして活躍したいやつはヒカキンさんのサムネイルを研究しろ

ヒカキンさんから学ぶ再生数を伸ばすサムネイルの作り方

日本中のガキ達の笑顔で飯を食う男、ヒカキンさん
 
この記事に訪れた方はきっと
  • サムネイル作りにコツってあるのだろうか…。
  • Youtubeでちょっと凝ったサムネイルにチャレンジしてみたい
  • 視聴者の目を引くインパクトを出すには?
  • 自分らしいサムネイルにチャレンジしてみたい
  • 売れている人を研究して再現性を高めたい。

f:id:bad-ass:20190331090535p:plain

こういった考えを抱いていると思います。
 
本記事の内容
  •  サムネイルの基本パターンを紹介
  • サムネイルによって再生数が変動するか調査、考察
 
サムネイルは動画の顔です。
タイトルより先に見られます。サムネイルを意識することで、視聴者に見られやすくなり、結果として広告収益に直結します。
必須ではありませんが、再生回数を伸ばすためにはカスタムサムネイルは必須要素でしょう。
 
Youtubeの成功者の代名詞と呼べるヒカキンさん。実は大抵の動画は一人で作成されているそうです。また自らを研究したりすることも。

事務所からフィードバックを受けPDCAを回すこともあると思いますが、大半は本人の中でを回していると推察します。

そのせいか一定のパターンが見えます。これは研究の結果なのか、手癖に近いものかは不明ですが、特定のパターンに分類できます。

成功への近道は勝者を真似ることです。これからYoutubeで活用したいと考えている方にとって、微力ですが参考になるかと思います。

 
 

ヒカキンさんのサムネイルは11パターンに分類できる

早速分類していきましょう。

パターンの解説と共に気づいたことを一言ずつ掲示します。

 

f:id:bad-ass:20190331043811p:plain

PT1: 一人アイテム(基本形)

 最多出場のメイン選手です。赤丸には文字が入ります。アイテム、文字、人物が黄金比で配置されています。びゅーてぃふー。

 

 f:id:bad-ass:20190331064003p:plain

PT2: 一人ノーアイテム

テーマについて議論する時に使われます。赤い丸の中にテーマとキャッチが入ります。ヒカキンさんはあまり使用しませんが、他のYoutuber、特にHowTo系の方がもっともよく使う構図です。

 

 

f:id:bad-ass:20190331043732p:plain

PT3: 一人アイテム3

アイテムが多かったり、比較する時に使います。他のパターンにも共通しますが、文字は左下に寄せます。Youtubeの仕様上、右下に動画再生時間が自動で付与されるため、敢えて左下に寄せ、被らないように配置しています。

 

 

f:id:bad-ass:20190331043741p:plain

PT4: 一人センター

なにかの告知や、一人語り、小物の紹介時によく使われます。文字は赤文字白フチが基本色。恐怖や不安を感じさせる際は赤文字に黒の血の気が引くようなグラデーション。豪華さを演出する際は金色の立体文字。転職など非子供向けコンテンツはモノクロ調のシックな文字を使う傾向があります。

 

 

f:id:bad-ass:20190331043736p:plain

PT: 5スケール物

自分より巨大なものを写す時に使われます。部屋全体やライブ会場、大きなアイテムなどです。表情が映り込みづらくなるため、自身の顔に、自身の顔のアップを合成して表情を強調させるなど工夫を加えることもあります。自分に自分を合成する発想は、やはり天才としか言いようがありませんね。

 

 

f:id:bad-ass:20190331043746p:plain

PT6: 二人アイテム

テーマがあるコラボの際に使います。サムネイルから動画の内容が伝わりやすいので、視聴者から見られやすくなります。

 

 

f:id:bad-ass:20190331043752p:plain

PT7: 二人語り

コラボ動画でもっとも使われています。コラボ動画だと一目で判るため、両者のファンから注目されやすいです。実はヒカキンさんのチャンネル内ではセイキンさん(兄)以外の二人コラボ動画は多くありません。意外でした。成功者は孤独な者が多いというやつでしょうか?

 

 

f:id:bad-ass:20190331043756p:plain

PT8: 三人コラボアイテム

三~四人コラボの時に使われます。アイテムがない場合はそのまま縦に三分割されます。

 

 

f:id:bad-ass:20190331043801p:plain

PT9: 大人数

他のグループと合流した時に使われます。一人一人の表情は視認し辛いですが、コラボしている感はもっとも色濃く出ます。

 

 

f:id:bad-ass:20190331043806p:plain

PT10: 二分割

左右のプライオリティが甲乙つけがたい時に使われます。文字は中心寄ります。アイテムではなく人物であるケースもあります。ほぼ全てのサムネイルに本人が写っていますが、この構図のみヒカキンさん以外が写る場合が多いです。

 

 

以上11パターンでした。

過去一年分のみのデータですので、もっと遡ることで別の分類がされるかもしれません。少なくとも10パターンを抑えておけば、バラエティに富んだサムネイルを十分に組めそうです。

 

 

再生回数が伸びるサムネイルはあるのか

気になるのは、結局伸びる構図はなにであるかです。

サムネイルの構図によって再生回数に偏りがあるのか、ある場合はどれがヒットしやすいのか。ヒットし辛いアンチパターンはあるのか。この辺りがキモになります。

 

以下の8枚は調査に使用したサムネイル一覧です。

赤枠が500万再生回数以上のヒット動画です。

青枠が150万再生回数以下の伸びなかった動画1です。

黒枠コンテンツフィルターによって除外される動画です。

※1: ヒカキンさんの場合150万再生回数を下回る事自体が稀でした。 便宜上『伸びなかった動画』と表現させて下さい。

 

  • 一枚目

f:id:bad-ass:20190331052331j:plain

 

 

  • 二枚目

f:id:bad-ass:20190331052336j:plain

 

 

  • 三枚目

f:id:bad-ass:20190331052341j:plain

 

 

  • 四枚目

f:id:bad-ass:20190331052307j:plain

 

 

  • 五枚目

f:id:bad-ass:20190331052312j:plain

 

 

  • 六枚目

f:id:bad-ass:20190331052317j:plain

 

 

  • 七枚目

f:id:bad-ass:20190331052322j:plain

 

 

  • 八枚目

f:id:bad-ass:20190331052327j:plain

 

 

ヒットを量産する構図は見つからなかった 

まとめです

  • ヒカキンさんのサムネイルは11パターン
  • サムネイルと再生回数に強い相関は見られない
  • コンテンツフィルターは再生回数を減らさない
  • ペット系動画は伸びやすい

 

最多出場はPT1:一人アイテムです。一人で動画を回すことが多いヒカキンさんですので、自然な結果だと思います。

 

一番気になった点は動物系の動画が28打席で打率.556の驚異的な成果を出している点です。恐らく言葉の壁を超えている点、未ログイン者にレコメンドしやすい点が挙げられると思います。

詳しい考察は他の記事に譲ります。

 

お酒、お金系のコンテンツフィルター対象動画は、ヒカキンさんの場合特に減りそうな気がしますが全く影響はありませんでした。

サムネイルと動画内容が似ているにも関わらず再生数が異なる組み合わせもありました。サムネイルのメッセージ性が一定のレベルを超えた場合、再生回数に与える影響は小さくなるのではないかと考えます。その先は別の要素の影響が大きく関わっているのだと考えます。私達はサムネイルを見てなんとなくでも次の動画を選り好みしているので、サムネイルが視聴行動に影響を与えているのは考察するまでもない事実です。少なくとも動物系は堅いコンテンツだといえるでしょう。

フィルターが掛かる動画はサムネイルではなく動画の内容で判断されています。ミントアイス試食するだけの動画がコンテンツフィルターの対象になるなど、一部不可思議な扱いを受けているケースも確認できました。

しかしコンテンツフィルターの影響によって再生数が激減することは確認できず、対象動画でも400万回数を超える場合もありました。視聴者層が比較的若いヒカキンさんですら、コンテンツフィルターの影響は確認できないことから、コンテンツフィルターを警戒した創作活動は不毛なのかも知れません。

 

具体的な数値や再生回数との関連性、季節性との関係については次のネタに回したいと思います。次回を楽しみにしていて下さい。

 

 

おまけ

 

下記のような動画を自ら投稿する理由は、自己プロモーションだと認識してもいいのか疑問ですが、私も読者のあなたも含めそれぞれ個人個人が強く活きることが求められる現代ですので、今更下記の動画があざとく見える方は減ってきているかと思います。

 

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)

 

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

  

www.youtube.com

 

終わりに 

ファンが多いだけに妬まれることも多いヒカキンさんですが、昨年放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK総合)で、『なぜそれほど変顔をするのか』といった趣旨の質問に対して次のように語りました。
「少しでも多くの人がクスっとしてくれたらいい。そういう意味で僕も楽しそうじゃないとダメかなって」

 

こんな素晴らしい世界を想像してくれたヒカキンさんとビッグバンに感謝して、今日も眠りにつく。ありがとうビックバン…。ありが(ry...。

 

この記事を読んで 『なるほどなぁ』と思ったらいいね と Tweet よろしくおねがいします!!応援よろしくおねがいします!!^^